コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の減少

しわの生成を左右する要因

しわ,小じわ,活性酸素,女性ホルモン
加齢や紫外線、お肌の乾燥のほかにも、しわができる原因があります。

 

大きく分けると、

になりますが、細かく見ていくと他にも次のような原因があります。

 

活性酸素の影響

活性酸素は、喫煙などで生成されることが分かっていますが、ストレスにも影響しています。
ストレスなどにより発生した活性酸素は、お肌の奥にあるコラーゲンにダメージを与えてしまいます

 

コラーゲンがダメージを受けると、お肌にハリがなくなってしまい、小じわができてしまいます。

 

 

女性ホルモンの減少

女性ホルモンは、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成に大きく関わっています。

 

20代から30代前半をピークに女性ホルモンは減少してしまいますので、
これらの成分の生成能力はどんどん低下してしまいます。

 

お肌のハリがなくなったり、しわができる要因の1つです。

 

 

真皮の弾力低下とヒアルロン酸の減少

お肌のハリはコラーゲンやエラスチンの働きによるものですが、
この間を埋めているのがヒアルロン酸です。

 

加齢などが原因でコラーゲンやエラスチンは減少しますが、ヒアルロン酸も例外ではありません。

 

ヒアルロン酸は、お肌の水分を保持する能力に大きく関わっている成分ですが、
減少するとお肌の弾力も失われ、しわができる原因になります。

 

ヒアルロン酸は、乾燥肌の人が特に補給したい成分として知られています。

 

ヒアルロン酸の中でも粒子の大きさが小さいナノヒアルロン酸なら
なお効果が期待できます。

 

 

表情じわ

目元や目尻などの目の周りや口元、眉間や額などは、顔の筋肉がよく動くところです。
筋肉が動くたびにできる小さなしわがクセになってしまい、小じわになります

 

特に皮膚が薄い目元や目尻は、小さなしわがすぐにクセになってしまう部分です。
この状態に皮膚の乾燥などが加わると、だんだんくっきりしたしわになっていきます。

 

 

 

「活性酸素や女性ホルモン減少も」関連の記事

乾燥が原因のしわ
小じわができる大きな原因には、お肌の乾燥もあります。角質層や表皮から水分を蒸発させないようにするのが重要です。
お肌を支える力の低下
お肌を支えている成分が足りなくなると、お肌にハリがなくなり、しわの原因になってしまいます。
しわに効果がある成分
できてしまった小じわをなくすには、ターンオーバーを促進させてお肌を再生するのが効果的です。EGFには新しい細胞を作り出す能力があります。